COLORSとしてはじめてアクトおおさか様が実施しているペアレントメンター活動に参加させていただきました。

【感想】

初めてのメンター活動が、支援者の方々30名近くの前でお話することでしたので、私自身そんなに大勢の前で話したりすることや、パワポを使っての資料作りも初めてで、何もかもが初めてづくしでした。
話し始めの最初はとても緊張して声も震えてしまってちゃんと話せなかったりもしたのですが、途中からは何とか少し落ち着いてお話をすることができました。
終わった後は、市の方やアクトの方にも、とても良かったと言ってもらえて、ほんとホッとしました。専門家の方のような障害についての専門的な話などはできませんが、これまで2人の障害児を育ててきた経緯や、支援、その時々の自分の気持ちなど、障害児の親でしか伝えられないこともあると思いますので、こういったお話をすることで、少しでも何かお役に立てることがあるなら、このままメンター活動を続けていければと思います。

本当に良い経験をさせていただきました。

今回は、私たちの子育ての中で受けた支援を中心にお話させていただきました。
資料を作りながらも、本当に多くの方々に支えられてきたことに改めて気づかされました。
また、当時の辛かった思い出も改めて思い返しつつ、本当にしんどい思いをしている保護者の方々に
寄り添っていける存在でありたいと改めて思いました。
また、切れ目のない支援ということでご依頼いただいていたのですが、こちらについては、
日ごろ社会福祉士の基礎研修で学んだ知識も活かすことができたと思います。
地域福祉、地域共生社会について、これからももっと勉強していきたいと改めて思いました。
そして地域やCOLORSの活動に少しでも還元していけたらと思います。

本当に貴重な経験をさせていただき、感謝です。